スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~円を笑うもの

ホームセンターの自販機の前で、小学1年くらいの子どもと若ーい母親がこんなことしてた。

1、自販機に子どもがお金をいれようとしたら、10円を落としてしまう。
2、10円は、コロコロと自販機の下へ。
3、なにやってんの、とキレる母親。
4、探そうとする子ども。
5、母親が、おれの視線に気が付く。
6、あ、取れるよー、と子ども。
7、いいよ! 十円くらい! ほら、さっさと買って。行くよ、と母親。


20110713


ちゃんと、拾わせよう。
10円くらい、じゃないのだ。
地球上のほとんどの人間が、1日1ドル以下の生活してんだ。日本人がいかに……、
なんてことは言わないけども。
今、失われたものは、10円より、数十秒よりでかい。
おれが子どものときは、金なんか無駄にしたら、ナイスパンチか、もっとバイオレンスな刑だ。


不可抗力

夜、リサイクル店のハードオフに行ってみたら、中国人(たぶん)の女の子たちがたむろしていた。
年齢は、20代前半くらい。
服装は、作業着か、またはパジャマだ。
作業着はともかく、パジャマかい、と思いつつ、なんとなく観察したら、
みな一様にすごい派手というか、子供かよと思うくらいヒラヒラと原色を多用したのが多い。
そして、パンツはスケスケである。
(見てない。いや見えたけど不可抗力である)
すると何人かが、大またにしゃがんで服飾品をかき回しはじめた。
そして、パンツはスケスケどころか、もはや半分くらいはみ出している。
(見てない。いや見えたけど不可抗力である)
たぶん、あの突き抜けた気にしなさは、そのへんのギャル系の、なにもかもはみだしまくった、だらしないのとは違う方向なんだろうが、
しかし両方ともにエロさが一切感じられない。
お兄さん寂しいよ(?)
カムヒァ恥らい、カムヒァ恥らい。


この夏!

暑いと予想される、この夏!

節電も叫ばれる、この夏!

ガンバルみんなに提唱する!




続きを読む

じいさーん

ホームセンターのレジ待ちで、前のじいさんに唖然とする。
それは、100年前からじいさんだったんじゃねぇのかという感じの、あからさまのじいさんで、
なんとなく農作業の合間に来た感じだった。
見れば買うものは、5千円ほどの肥料とか農薬などである。
自分の番が来ると、超絶スローな動作で、大きな財布を出した。
レジをしている店員は、二十歳くらいのアルバイトの男の子である。
「あらぇぁ、あんちゃん、若いから大丈夫だよなぁ」
と、じいさんがいきなり言い出したので、店員くんが、えっ?っという顔になる。
もちろん後ろに並んでる俺も、脳裏に疑問符が大名行列である。
何が大丈夫なんだ?
じいさんは満面の笑顔。
その直後に、じいさんのしたことは、そのでかい財布から、レジのお金受けに、100円玉と50円玉をバラバラバラバラバラ、ジャラジャラジャラ……。
お金の受け皿が、小銭の山。
引く店員。
引く俺。
あきらかに30枚くらいはあるのですけど。
どうすんだろうと見てたら、困惑60パーセントの笑顔で店員くんが、一瞬だけ躊躇するも、ダッシュで小銭を数えはじめる。
あるていど数え終わったら、またバラバラバラバラ、ジャラジャラジャラ……。
Oh……。
また、30枚くらい追加されましたよ。
困惑80パーセントの笑顔になった店員くんは、またダッシュで数える。
途中で、数え間違いそうになり、困惑90パーセント。
俺の方を見て、ちょっとすいませんご理解ください、みたいなアイコンタクトしてくる。
わかった、わかった。
やっと代金に達して、店員くんが数え終わったら、じいさんが「わりぃねぇ、だいじょぶかい? おれぇは目ぇ悪くてなぁ。ちゃんとあったかい?」と、ものすげぇ、いい笑顔。
店員くんは、思わず「こんなの初めてですよー……」といって、困惑100パーセントでひきつった笑顔。
じいさん……。
いいなぁ。凄いキャラだなぁ。
レジ待ちで面白かったのは、俺もこんなの初めて。

まぁ、うしろ見たら、並んでるオバ様たちはイライラしてたけど。


せんせい!

近所の女子小学生に、いきなり「先生!」と呼ばれる。
……いや、先生じゃないから。
先生ヅラもしてないし、先生っぽくもない。
ただ、先に生れているのだけは確かだ。
もしや、「先制!」かと、攻撃に身構えたが、違うらしい。

つまり、あれだ。
小学生の時に、だれもがいってしまったか、いいかけたことがあるであろう、学校で先生に「お母さん!」とかいってしまう、恥ずかしさマックスの逆バージョンだと思われる。
女子小学生は、そんな恥ずかしさマックスの顔で目を丸くしていた。
そこまでは、かわいらしくていいけど、その後がわるい。
「あー、ちがった、そうじゃなくてさ……」
なぜに、タメ口……。
まぁ、精神年齢はさほど違いはないが。



プロフィール

ホムラ

Author:ホムラ
カオスな紳士が、希望と絶望を語ってくれる。

©ホムラ(一応) 

Website:
手のひらに踊る風の音を聴くとしよう

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ランキング参加してるはず
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
人気ブログランキングへ
YOこそ!
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。